「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[講演会]★稲畑廣太郎、星野高士、増田植歌「虚子の心を引き継いで」

 

高浜虚子・年尾と北海道展)

★稲畑廣太郎、星野高士、増田植歌「虚子の心を引き継いで」

 北海道立文学館、2024年5月18日(土)14:00

(WEBサイト→)

www.h-bungaku.or.jp

 明治以降、現代にいたる俳句史において俳誌『ホトトギス』は重要な位置を占め続けてきました。俳句だけでなく、夏目漱石を小説家として世に送り出したのも『ホトトギス』であり、日本文学にとって大きな功績を遺したと言えるでしょう。その『ホトトギス』の主宰を長年務めたのが高浜虚子でした。その虚子から主宰を継承した長男・高浜年尾は青年時代に小樽高等商業学校(現在の小樽商科大学)に在学するなど、北海道と深い縁がありました。

 高浜虚子生誕150年に当たる本年、貴重な資料の展示を中心に、虚子・年尾というふたりの俳人が北海道にしるした足跡と、『ホトトギス』に関係する道内作家たちの活躍などを紹介します。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、北海道立文学館さま(HP)よりお借りしました。

 

あしたはきょうよりもっといい日。