「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[油彩画]★藤岡ちさ 愛らしいリスたちの物語展

★藤岡ちさ 愛らしいリスたちの物語展

 札幌三越、2021年10月12日(火)ー10月18日(月)

(WEBサイト→)

www.mitsukoshi.mistore.jp

 藤岡ちささんは、1977年生まれ。女子美術大学油彩科卒業。東京都渋谷区にある「西光亭」のクッキーパッケージイラストを10年以上にわたって担当、季節やイラストに合わせたリスのイラストをおよそ300枚制作し、そのリスたちの可愛らしいイラストから火が着き「西光亭」を一躍有名店にしました。ちびまる子ちゃんひつじのショーンなど、キャラクターとのコラボレーションも多数手がけています。

 愛らしいリスたちが四季折々の草花を背景に幸福感いっぱいに戯れる情景や、擬人化したリスたちの思わずクスっと笑ってしまう、ユーモアあふれる一コマなど「リスを描く画家」として人気を博しています。本展では、描き下ろしの原画を含む油彩画と版画作品、およそ30点を展覧いたします。心温まるリスたちの世界をお楽しみください。

[シルクロード]★エピローグ 2(№029)

 「観るだけ美術部」部長のシルクロードキャラバン(妄想編)の第2弾「タクラマカン砂漠と オアシス仏教都市」編が終わり、無事帰国しました。第3弾では、カシュガル市(中国)-キルギスカザフスタンウズベキスタンと4か国を縦断する旅(の予定)となります。天山山脈を越えて草原の道をたどり、シルクロードの至宝とも言われるサマルカンドを目指します。この記事では、第2弾のまとめをして、第2弾のエピローグとします。この記事は、第2弾の目次の替わりにもなります。

f:id:mirudakeartclub:20210925092416j:plain

カシュガル市の家畜市。エキゾチックな不雰囲気がたっぷり)

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

mirudakeartclub.hatenablog.com

 「観るだけ美術部」部長のシルクロードキャラバンの旅(妄想編)も、第2弾の旅を終えました。行程で言うと3分の1、日数で言うと全7弾うちの第2弾まで、というところあたりまで来たことになります。

 この(妄想)キャラバンの途中にも、いろんなことがありました。香港問題や、新疆ウイグル自治区の問題、新型コロナウイルスの問題はいまだ収束しないままですが、そのほかにも、ミャンマーでクーデターが起こったり、アフガニスタンではタリバンが政権を掌握したりと、世界は平和とは程遠い状態のままです。

 唐からインドまで求法の旅を続けた玄奘三蔵も、様ざまな国々を旅しながら、仏教を基軸とした世界の平和を希求したはずです。ぼくには世界を変えられるような力も地位もないですけど、少なくとも、安心して生活ができる、できれば世界の国々を安心して訪問し楽しめる、そんな世の中になってくれたらと思います。

 第3弾のスタートは、いまのところ日程は不明です。申し訳ありませんが、しばらくお待ちくださいませ。

[油彩画]★藤岡ちさ 愛らしいリスたちの物語展

★藤岡ちさ 愛らしいリスたちの物語展

 札幌三越、2021年10月12日(火)ー10月18日(月)

(WEBサイト→)

www.mitsukoshi.mistore.jp

 藤岡ちささんは、1977年生まれ。女子美術大学油彩科卒業。東京都渋谷区にある「西光亭」のクッキーパッケージイラストを10年以上にわたって担当、季節やイラストに合わせたリスのイラストをおよそ300枚制作し、そのリスたちの可愛らしいイラストから火が着き「西光亭」を一躍有名店にしました。ちびまる子ちゃんひつじのショーンなど、キャラクターとのコラボレーションも多数手がけています。

 愛らしいリスたちが四季折々の草花を背景に幸福感いっぱいに戯れる情景や、擬人化したリスたちの思わずクスっと笑ってしまう、ユーモアあふれる一コマなど「リスを描く画家」として人気を博しています。本展では、描き下ろしの原画を含む油彩画と版画作品、およそ30点を展覧いたします。心温まるリスたちの世界をお楽しみください。

[部室から]★第121回 観るだけ美術部 部会

 「観るだけ美術部」部員の皆さま、いつも活発な部活動、ありがとうございます。きょうも(1)「観るだけ美術部」部長の連絡・報告、(2)(妄想)懇親会、の2部構成で進めていきます。よろしくお願いします。

 

(1)「観るだけ美術部」部長の連絡・報告

 緊急事態宣言が解除となり、ようやく、これまでの「日常」が戻ってきつつありますね。まだまだ油断はならないですけど、感染対策は万全にしつつ、これまでの「日常」を取り戻していけたらと思っております。皆さんは、どうでしょうか。

 部長は10月9日(土)から旭川に出かけました。行きたかった「山下清展」を鑑賞するためです。相当悩んだのですが、こっそり行くことにしました。とてもよかったです。山下清の人生、生き様、作品の緻密さ。どれもが感動しました。石狩川に架かる「旭橋」から大雪山を遠望すると、山頂付近は真っ白くなっていました。常磐公園は紅葉真っ盛りでした。このところ仕事が詰まって苦しかったのですが、意図的に定期的にリフレッシュの時間を組み込んでいくことは大事だな、と思って帰途に就きました。

 

(2)(妄想)懇親会

 (妄想)懇親会ですが、バーチャル懇親会、仮想現実懇親会、とも言えるのですけど、まあしばらくは、この名前でいきます。「はてなブログ」が10周年なんですね。テーマに「この10年で変わったもの、変わっていないもの」とあったので、この「観るだけ美術部」部長のブログの、10年前の記事を掘り起こしてみました。お愉しみいただければ幸いです。

 

★「観るだけ美術部」部長のブログ、第1回目の記事(2010年1月24日)

mirudakeartclub.hatenablog.com

 第1回目の記事なので、びっくりするくらいシンプルです。

 

★「観るだけ美術部」部長のブログ、第3回目の記事(2010年1月25日)

mirudakeartclub.hatenablog.com

 最初に取り上げた作家さんは、木版画家の佐藤国男さんだったのですね-。

 

 そして、第1回「観るだけ美術部」部会の記事(2011年10月19日)

mirudakeartclub.hatenablog.com

 当時の部員名簿も載っていますが、現在も継続して部員なのは、ryo部員、Talking Drum部員、濃霧×濃霧部員、カノン部員(休部中)の4名ですね。10年間、部長もそうですけど、部員さんも10年間ブログを継続しているわけで、これってすごいことだなあと改めて思いました。

f:id:mirudakeartclub:20211016223313j:plain

(ポニョ部長、山下清展を観に行く)

 そんなわけで、わが「観るだけ美術部」も11年目に突入したことになります。これからも、マイペースをモットーに、やっていきましょうね。みなさんの「10年間で変わったこと、変わらなかったこと」は、何ですか?

f:id:mirudakeartclub:20211016223414j:plain

山下清展のあと、常磐公園を散策。気持ちよかったです)

 北海道は、とうとう大雪山利尻山では初冠雪、今週は峠では積雪状態にもなるそうです。体調を整えて、無理しないで、何とか乗り切っていきましょう。

 

mirudakeartclub.hatenablog.com

 

[部室から]★観るだけ美術部 部員名簿(2021年10月部会 現在)

 「観るだけ美術部」の部員名簿です。2021年10月部会現在のものです。

 

★「観るだけ美術部」部長(室蘭本部)

mirudakeartclub.hatenablog.com

★ちゃき 部員(札幌支部

ku3re5.hatenablog.jp

★濃霧*濃霧 部員(釧路支部

ameblo.jp

★うみ 部員(函館支部

umineko-biyori.com

★ウナギーヌ・ユーコ部員(東京上野支部

happyunagi-yuko.hatenablog.com

★ryo 部員(東京品川支部

kuminima.hatenablog.com

★ぱんだぬき 部員(厚木支部

pandanukitchen.hatenadiary.jp

ちひろ 部員(藤沢支部

hi2sug.hatenablog.jp

★Talking Drum 部員(東大阪支部

talking-drum.hatenablog.com

★ジロー 部員(伊丹支部

surrealsight.hatenablog.com

★あっちゃんゆいちゃん 部員(神戸支部

atchanyuichan.hatenablog.com

★ぴーちゃん 部員(福岡支部

gracedusoleil252525.hatenablog.com

★Mr.∅ 部員(エジプト支部

www.phi-math.com

★ケイコ 部員(ドイツ・ミュンヘン支部

kunstkeiko18.hatenablog.jp

★DIT井上 部員(カナダ・アルバータ支部

ditinoue.hateblo.jp

★カノン 部員(大阪みなみ支部)(休部中)

 kannonsama-loveさんのプロフィール - はてな

 

[講演会]★藤原乃里子「ギャラリーツアー 羽生輝展」

f:id:mirudakeartclub:20210918144001j:plain

(羽生輝『北の岬(知床)』1989年、北海道立近代美術館

★藤原乃里子「ギャラリーツアー 羽生輝展」

 北海道立釧路芸術館、2021年10月17日(日)14:00

(WEBサイト→)

 日本画家である羽生輝(ひかる)さんは、1941年生まれ。幼少期に東京から釧路に移り住み、以後は釧路を拠点として、岬や浜辺、湿原など道東を中心とした北国の風土を見つめ、描き続けてきました。重厚で鋭いタッチのうちに、ゆたかな抒情を滲ませた深遠な絵画世界を、初期から近作に至る代表作およそ60点あまりを展覧(途中一部展示替え)。あわせて、少年期の作品、海外取材作品、新聞連載小説の挿絵原画などをご紹介し、その画業を多様な視点により回顧します。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、北海道立釧路芸術館さま(HP)よりお借りしました。

 

[講演会]★佐藤幸宏「上野山清貢と南洋の夢」

f:id:mirudakeartclub:20210919164937j:plain

荻原守衛『鉱夫』、1907年)

★佐藤幸宏「上野山清貢と南洋の夢」

 北海道立近代美術館、2021年10月17日(日)14:00

(WEBサイト→)

artmuseum.pref.hokkaido.lg.jp

 

 北海道立近代美術館は、1977年の開館以来、様ざまな作品を収集してきました。「北海道の美術」「日本近代の美術」「エコール・ド・パリ」「ガラス工芸」「現代の美術」という5つの方針による収蔵作品は、現在5,600点以上を数えます。今年度の近美コレクション展では、「コレクションストーリーズ」と題したシリーズにより、1年間を通して各分野の魅力を改めて掘り起こします。

 シリーズの3回目となる本展では、日本の近代美術に焦点を当てます。明治期以降に推し進められた近代化の波は、社会全体の仕組みや形を大きく変えました。美術界においても全ての作家が逃れられない変化と向き合った時代でもあります。しかし、その変化を追い風に様ざまな新思潮を取り入れながら、旺盛な創作活動が展開されていきました。本展では、明治、大正、昭和と慌ただしく移り変わる時代にあって、新しい美術の在り方を切り拓こうと奮闘した近代美術の歴史をたどります。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、北海道立近代美術館さま(HP)よりお借りしました。

あしたはきょうよりもっといい日。