「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[工芸展]★北のくらしのクラフト展

★北のくらしのクラフト展

 東急さっぽろ店、2020年8月6日(木)-8月11日(火)

(WEBサイト→)

www.tokyu-dept.co.jp

 

 心のこもった手仕事が、くらしに温もりを与えてくれます。北の大地で活躍するクラフト作家たちの作品が、一堂に会します。

 

[部室から]★第107回 観るだけ美術部 部会

 それではこれより、第107回「観るだけ美術部」部会を始めます。今回の部会も(1)「観るだけ美術部」部長からの連絡、報告、(2)(妄想)懇親会、の2本立てで進めていきます。よろしくお願いします。

 

(1)「観るだけ美術部」部長からの連絡、報告

 あっという間に、今年も8月を迎えてしまいました。昨年の今ごろ、2020年の夏がこんなことになろうとは、誰が想像したことでしょう。ぼくも含めて、今ごろは何だかんだで、東京オリンピックで盛り上がっているんだろうな、と思っていたに違いありません。しかし今年の夏は、コロナウィルスの影におびえる夏になってしまいました。春には、きっと8月ころまでには収束するでしょうなんて思っていたのですが、どんどん悲観的な状況に進んでしまっています。あの無邪気な世界が戻ってほしい、と思わずにはいられません(Innocent World)。

 

 (2)(妄想)懇親会、歓迎会

 さて、コロナウィルスの流行拡大にあっても、盛り上がっている「観るだけ美術部」。8月も、新入部員が来てくれました。あっちゃんゆいちゃん部員です。あっちゃんゆいちゃん部員は、お得な情報をたくさん持っていて、いろいろと教えてくださいます。今回の(妄想)懇親会は、あっちゃんゆいちゃん部員の歓迎会も兼ねて、テーマを「わたしと神戸 & 今年の夏、こっそり計画していること」の2本立てでいきます。よろしくお願いします。

 観るだけ美術部長は、40年も前になりますが、「文通」(!)相手、ペンパルが住んでいて、その友だちを訪ねたのが最初の思い出です。「文通」って、いま思うと、究極の個人情報ですよねぇ。雑誌に堂々と、自宅の住所などが載っていましたからね。そのときにみた、北野の異人館や、ポートアイランドの思い出が強いです。最近では、息子が部活動の全国大会で訪れ、いい印象だったそうです(息子は化学部)。今年の夏に、こっそり計画していることは、家族で旭川富良野方面に行くことです。コロナウィルスのことも考えて、極力接触を避けるため、キャンピングカーをレンタルすることにしました。楽しい旅にしたいです。それでは、部員の皆さまのお話も聞かせてくださいね。

f:id:mirudakeartclub:20200804224956j:plain

(借りる予定のキャンピングカー。旭川富良野に行く予定です)

f:id:mirudakeartclub:20200804225116j:plain

(家族みんな、テンションがアゲアゲ ⇧)

★「観るだけ美術部」部長(室蘭本部)
★ちゃき部員(札幌支部
  https://ku3re5.hatenablog.jp/
★キューピー部員(札幌支部
  https://kewpiedolltookanart.hatenablog.com/
★濃霧*濃霧部員(釧路支部
  https://ameblo.jp/noumu-noumu/
★うみ部員(函館支部
   https://umineko-biyori.com/
★ウナギーヌ・ユーコ部員(東京上野支部
  https://happyunagi-yuko.hatenablog.com/
★ryo部員(東京品川支部
  https://kuminima.hatenablog.com/

★ぱんだぬき部員(厚木支部

  https://www.pandanuki.com/
★カノン(華音)部員(大阪みなみ支部
  http://profile.hatena.ne.jp/kannonsama-love/
★Talking Drum部員(東大阪支部
  https://talking-drum.hatenablog.com/
★Mr.∅部員(エジプト支部
  https://www.phi-math.com/
★ケイコ部員(ドイツ・ミュンヘン支部
  https://kunstkeiko18.hatenablog.jp/
★るな部員
  https://minoruha-runa.hatenablog.com/

★あっちゃんゆいちゃん部員(神戸支部

  https://atchanyuichan.hatenablog.com/

 

 それでは、これで第107回の「観るだけ美術部」部会を終わります。次は9月ですね。秋風を感じられる季節になっているのでしょうか、それとも、コロナウィルスのせいで、やはりじっと息を潜める秋になるのでしょうか。体調を崩されませんように。

[建築物]★旧美瑛倉庫株式会社(道の駅 びえい丘のくら)

f:id:mirudakeartclub:20200801154044j:plain

(道の駅 びえい丘のくら。美瑛産軟石の外壁が美しい建物です)

★旧美瑛倉庫株式会社(道の駅 びえい丘のくら)

 こちらの建物は、道の駅「びえい丘のくら」のランドマークともなっています。もともとは、美瑛倉庫株式会社の所有する3棟の倉庫のひとつで、建築年代は1917年(大正6年、Wikipedia)とも、1931年(昭和6年、美瑛町公式HP)とも言われています。農業用倉庫として使われていたようで、主に豆類(大豆、小豆など)の貯蔵倉庫でした。外壁は美瑛軟石造り。「軟石」とは、火山の噴火による火砕流が堆積してできたもので、札幌軟石や幌別軟石(登別)などが有名です。内部は、屋根まで11mにもなる開放的な空間となっており、美瑛産カラマツがふんだんに使われています。道の駅らしく、館内では美瑛産にこだわった軽食や、ソフトクリームが美味しいそうです。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、美瑛町公式HPさま(HP)よりお借りしました。

[原画展]★緑川ゆき アニメ『夏目友人帳』展

f:id:mirudakeartclub:20200802072556j:plain

緑川ゆき夏目友人帳』展)

緑川ゆき アニメ『夏目友人帳』展

 丸井今井札幌本店、2020年7月22日(水)-8月10日(月・祝)

(WEBサイト→)

www.maruiimai.mistore.jp

 優しさと切なさの溢れる描写が話題となり、漫画ファンを中心に2003年の初出当初から多くの読者を魅了してきた緑川ゆきの代表作『夏目友人帳』(白泉社、月刊LaLa連載)。TVアニメ第1期は2008年に放送を開始、2017年の第6期まで継続され、深夜アニメとしては他に類を見ないロングシリーズとなりました。TVアニメ化10周年の節目を迎えた2018年9月には、初の長編オリジナルエピソードとして「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」が全国の劇場にて公開されました。

 本展は、TVアニメシリーズ・劇場版の貴重な制作資料を始め、劇中に登場した切り絵を使用した展示、主人公・夏目貴志の部屋を再現したコーナー、ニャンコ先生・斑、妖たちを近くで感じ、触れられる空間などアニメ『夏目友人帳』の世界を体感できる展覧会になっております。

 キャストたちによるオリジナル音声ガイド、描き下ろしイラストを使用したオリジナルグッズも登場いたします。アニメ『夏目友人帳』の世界をぜひ、お楽しみください。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、『夏目友人帳』展公式HPさま(HP)よりお借りしました。本展は百貨店で開催される展覧会ですが、入場料を徴して観覧する展示会となっていることから、公的な性質を持った展覧会と判断し、画像の掲載を行っております。

[レトロ宿]★湯元 湧駒荘(旭岳温泉)

f:id:mirudakeartclub:20200801150726j:plain

(旭岳温泉 湯元湧駒荘。良質の温泉と豊かな自然が素晴らしいお宿です)

★湯元 湧駒荘(旭岳温泉

 旭岳温泉「湯元 湧駒荘」は、大雪山国立公園の核心部にあり、5つの源泉を持つ湯宿です。湧駒荘の位置する大雪山は、雄大な自然、美しい高山植物に囲まれ、多くの登山者に愛されてきました。観るだけ美術部長も、何度となく通った湯宿でもあります。

f:id:mirudakeartclub:20200801150927j:plain

(5つの源泉を持つ由緒正しい温泉。特に眼病に効く温泉は希少なのだとか)

 湧駒荘の泉源は、1914年(大正3年)に発見されました。以来、絶え間なく湧出し、毎分300リットル以上の湯量を誇ります。5本ある原泉は、すべて自噴泉で、温度調節もせず源泉をそのまま湯船に流している「源泉かけ流し」で、「日本秘湯を守る会」の会員でもあります。

f:id:mirudakeartclub:20200801151415j:plain

(「日本秘湯を守る会」の会員。大雪山縦走のときにはお世話になりました)

 1955年には高松宮喜久子妃殿下、1977年には三笠宮百合子妃殿下、同憲仁親王殿下(高円宮)、同容子内親王殿下が宿泊されました。冬季の寒さは厳しいため、雪質は最高で、毎年行われているスキー大回転競技大会は有名。なお、スノーボーダーソチオリンピック銀メダリストの竹内智香さんは、こちらが実家で、夏季は時間があれば、宿のお手伝いすることもあるとか。

www.yukoman.jp

 こちらの宿は、温泉ばかりでなく、水が美味しいことでも有名です。敷地内には「湧駒水」と呼ばれる天然の湧き水があります。旭岳の地層で磨かれた天然の銘水で、すっきりとした軟水。口当たりがよくミネラル分がバランスよく含まれ、水温も年間を通して7℃と一定だそうです。

www.yukoman.jp

 今年の夏は、こちらのお宿の近くに行く予定があります。何とか時間を見つけて、日帰り温泉だけでも楽しめたらと思っています。

f:id:mirudakeartclub:20200801151211j:plain

大雪山の奥深くにある由緒正しい温泉。旭岳登山のベースキャップです)

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、湯元湧駒荘さま(公式HP)よりお借りしました。

[織染展]★真木 香 Textile 夏衣展

★真木 香 Textile 夏衣展

 東急さっぽろ店、2020年7月26日(日)-8月5日(水)

(WEBサイト→)

www.tokyu-dept.co.jp

 

 八ヶ岳南麓の森に暮らす染織作家、真木香さんによる初めての作品展です。草木まで染めた自然布、織った自然布のショール、ストール、夏衣をご紹介いたします。

 

[写真展]★ロッキー田中 ときめきの富士 写真展

★ロッキー田中 ときめきの富士 写真展

 札幌三越、2020年8月4日(火)-8月10日(月・祝)

(WEBサイト→)

www.mitsukoshi.mistore.jp

 

 誰も見たことのない「ときめきの富士」を生涯に99枚リリースする写真家さんです。幻想、叙情にあふれた独特の情景描写は、雑誌『プレジデント』『婦人画報』『日本の美 富士』などで特集され「現代に蘇った北斎」とまで言われます。作品は、首相官邸に収蔵され、世界遺産国際会議場などに使用されます。

 ロッキー田中さんは、1946年福井市生まれ。現在は横浜市に在住。1999年アテネ市世界芸術展大賞。2000年マスターズ大東京展最優秀作品賞。2003年国際公募第35回新院展において「天空に舞う」が文部科学大臣賞を受賞。

あしたはきょうよりもっといい日。