「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[音楽会]★合唱コーラストリル 「ミュシャ展記念 合唱コンサート」

イメージ 1
アルフォンス・ミュシャ 『ポスター 黄道十二宮』、1896年)

★合唱コーラストリル 「ミュシャ展記念 合唱コンサート」
 北海道立函館美術館、2019年6月30日(日) 14:00
(WEBサイト→)http://event.hokkaido-np.co.jp/mucha/index.html(公式HP)

 アルフォンス・ミュシャ(1860年-1939年)は、19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで起こった芸術運動「アール・ヌーヴォー」を代表する芸術家です。現在のチェコ共和国モラヴィア地方で生まれています。パリに移って、大女優サラ・ベルナールのポスターで一躍脚光を浴び、故郷に戻ってからはチェコスロヴァキア最初の郵便切手や紙幣のデザインを手掛け、チェコ国内にとどまらず、現在に至るまで欧米や日本で多くの人々を魅了しています。
 本展では、「運命の女たち」をテーマに、十代の頃の素描から、名声を得たパリでの作品、祖国に戻った晩年の油彩画まで、貴重なコレクションをご紹介。女性を描き続けたミュシャの人生を彩った女性たちに焦点を当てています。出展作品は、ミュシャの生家の近くに在住するズデニェク・チマル博士の親子3代にわたるコレクションで、このチマル・コレクション単独の展覧会としては日本での初開催となります。ミュシャ芸術を代表するポスター、装飾パネル、油彩画、素描画、水彩画など、およそ150点を展観いたします。

↓「観るだけ美術部」部長のブログ、引っ越し先の住所
↓いつも足しげく訪問していただき、ありがとうございます。きょうも1クリック、よろしくおねがいします。

あしたはきょうよりもっといい日。