「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[講演会]★(当館学芸員)「坂本直行 登山家、作家、画家」

(坂本直行『初冬の南日高』、広尾町教育委員会

★(当館学芸員)「坂本直行 登山家、作家、画家」

 北海道立文学館、2024年5月15日(水)14:00

(WEBサイト→)

www.h-bungaku.or.jp

 国土の多くを山地が占めるわが国では、古来から山をうたった詩歌や文章が数多く残されてきました。明治になると、交通網が発達して旅行が容易となり、登山が盛んに行われるようになりました。登山者の多くは、山に登るだけでなく、雑誌などに山への思いや情報を寄稿しました。『ヌプリ』『アルプ』『北大山岳部部報』などの雑誌に寄稿された文章のほか、伊藤秀五郎や深田久弥畦地梅太郎更科源蔵らは、登山家であると同時に小説家・文章家として山の情景を伝えました。なかでも坂本直行や一原有徳は、絵と文章とで山への熱い思いを語っています。山を題材とした小説も数多く生まれ、山と共に暮らす人びと、生死をかけた山行、様ざまな山と人との関わりがそこには在りました。

 本展では、当館所蔵の豊富な資料により、様ざまな山の魅力をご紹介いたします。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、北海道立文学館さま(HP)よりお借りしました。

 

あしたはきょうよりもっといい日。