「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[建築物]★中川かなもの店(旧丸井今井呉服店滝川支店、滝川市)

f:id:mirudakeartclub:20220206210943j:plain

(中川かなもの店。1890年(明治23年)の建築)

★中川かなもの店(旧丸井今井呉服店滝川支店、滝川市

 滝川市の国道12号線(かつての上川道路)と、国道38号線(かつての十勝道路に接続されていた)の交差点に角地に建つこちらの建物は、1890年(明治23年)丸井今井呉服店の滝川支店として建てられました。道民によく知られている「丸井さん」(丸井今井デパート)の前身です。向かいの旧北海道拓殖銀行滝川支店(現在の北洋銀行滝川支店)の建物と同様、古い写真にも現在と同じ外観で残っています。創建当初の建物は、上川道路に面して間口を広く取り、主屋の道路側に下屋を廻す2階建て。とても大規模な商店建築でした。

f:id:mirudakeartclub:20220206211616j:plain

(卯建(うだつ)に㋼の屋号が残っています)

 隣家との境目になっている卯建(うだつ)の妻面は、防火壁としての役割もあったでしょう。軟石造りの卯建(うだつ)の上部や、鋳鉄製の柱には、㋼の屋号が現在でも残っています。

 

f:id:mirudakeartclub:20220206211803j:plain

(卯建(うだつ)の妻面部分は、防火対策として軟石造りとなっています)

 滝川は上川道路の建設など、明治20年代には開拓の拠点となったため、開店と同時に買い物客が殺到したほど賑わっていたそうです。1910年(明治43年)に山田呉服店に譲渡され、1934年(昭和9年)からは合資会社中川かなもの店となったようですが、現在は閉店しているようです。

f:id:mirudakeartclub:20220206212002j:plain

(「中川かなもの店」シャッターが下ろされていました)

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、観るだけ美術部長自らが撮影したものです。

あしたはきょうよりもっといい日。