「観るだけ美術部」部長のブログ

「観るだけ美術部」勝手に部長です。入部希望者は、コメント欄にメッセージを残してください。折り返し、勧誘に伺います(笑)。

あしたはきょうより、きっといい日。

[講演会]★佐藤幸宏「上野山清貢と南洋の夢」

f:id:mirudakeartclub:20210919164937j:plain

荻原守衛『鉱夫』、1907年)

★佐藤幸宏「上野山清貢と南洋の夢」

 北海道立近代美術館、2021年10月17日(日)14:00

(WEBサイト→)

artmuseum.pref.hokkaido.lg.jp

 

 北海道立近代美術館は、1977年の開館以来、様ざまな作品を収集してきました。「北海道の美術」「日本近代の美術」「エコール・ド・パリ」「ガラス工芸」「現代の美術」という5つの方針による収蔵作品は、現在5,600点以上を数えます。今年度の近美コレクション展では、「コレクションストーリーズ」と題したシリーズにより、1年間を通して各分野の魅力を改めて掘り起こします。

 シリーズの3回目となる本展では、日本の近代美術に焦点を当てます。明治期以降に推し進められた近代化の波は、社会全体の仕組みや形を大きく変えました。美術界においても全ての作家が逃れられない変化と向き合った時代でもあります。しかし、その変化を追い風に様ざまな新思潮を取り入れながら、旺盛な創作活動が展開されていきました。本展では、明治、大正、昭和と慌ただしく移り変わる時代にあって、新しい美術の在り方を切り拓こうと奮闘した近代美術の歴史をたどります。

 

※なお、こちらの掲載画像は、当ブログが独自に定めるガイドラインに基づき、北海道立近代美術館さま(HP)よりお借りしました。

あしたはきょうよりもっといい日。